ホーム > 地域福祉課 > こどもの福祉 > ひきこもりについて

ひきこもりについて

ひきこもりとは

「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態」を「ひきこもり」と厚生労働省では定義づけています。
 「ひきこもり」は、単一の疾患や障害の概念ではなく、様々な要因が背景になって生じます。ひきこもりのいる世帯数は、約32万世帯とされています。近年 「長期化」「高年齢化」といわれるように、不登校の子どもが学齢期を過ぎても社会参加できない、30代になってからひきこもり状態になる場合が目立ってい ます。
また、精神疾患に起因する場合だけでなく、「社会的ひきこもり」といわれる必ずしも精神疾患に起因しない場合も多くみられます。単一の疾患や障害の概念ではないため、まずは相談のなかで、ひきこもりの背景を整理していくことが大切です。

ひきこもり相談窓口

和歌山県ひきこもり地域支援センター(県民交流プラザ和歌山ビッグ愛2階)

ご本人、ご家族、関係者の方の相談窓口です。

ひきこもり相談 TEL 073-424-1713 (平日午前9時~午後5時45分)

青年のつどいフリースペースPDFファイル(323KB)のお知らせ

「ひきこもり」者社会参加支援センター

「ひきこもり」者に対する相談、居場所の提供、就労・就学支援及び「ひきこもり」者の家族支援等を行うことにより、「ひきこもり」者参加を支援することを目的とする施設です。

施設名 所在地 電話番号
ひきこもり者社会参加支援センターエルシティオ 和歌山市手平6-112-1 073-432-2170
麦の郷 ひきこもり者社会参加支援センターハートフルハウス創 紀の川市粉河853-3 0736-60-8233
アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
アドビシステムズ社のサイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。
このページに関するお問合せ先
生活福祉部 地域福祉課 障害福祉係 TEL 0736-62-2141(内線321~323)
最終更新日:2019619
上に戻る

Copyright © Iwade city All rights reserved.