ホーム > 保険年金課 > 熱中症を予防しましょう!

熱中症を予防しましょう!

5月に入り、暑さを感じはじめました。一人ひとりが、熱中症予防の正しい知識をもち、自分の変化に気をつけるとともに、周囲の人にも予防を呼びかけあい、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

熱中症とは

高温多湿な環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整機能がうまく働かないことにより、体内に熱が溜まり筋肉痛や大量の発汗、さらに吐き気や倦怠感などの症状が現れます。重症になると意識障害なども起こります。

気温や湿度が高いといった環境条件や体調不良、暑さに慣れていない時期などが組み合わさると熱中症の発生が高まります。屋外で活動している時だけでなく、就寝中などの室内で発生することもあり、救急搬送されたり、不幸にも亡くなられたりする事例もあります。

今年は、マスクを着用しての運動が原因と言われている死亡事例が諸外国で発生しています。運動時の着用は熱中症のリスクが高まる恐れがあります。また、運動時以外でもマスクを使用することで、喉の渇きを感じにくく、水分摂取が少なくなりやすいと言われてるので、こまめな水分補給を心がけましょう。

熱中症の予防について

熱中症の予防には「水分補給」と「暑さ対策」が必要です!

  • のどに渇きを感じなくても、こまめに水分や塩分補給をしましょう。
  • 体調に合わせて、体温測定や通気性のよい衣類の着用をしたり、保冷材や冷たいタオルを使い体の冷却をしましょう。
  • 扇風機やエアコンを使い、熱中症になりにくい室温環境にしましょう。節電を意識するあまり健康を害することのないようにご注意ください。
  • 外出時には、日傘や帽子を使用したりこまめに休憩をしましょう。
  • 高齢者の方に特に、注意をしましょう。熱中症患者の約半数は高齢者(65歳以上)です。暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対する体の調節機能も低下しています。万全の予防を心がけましょう。

熱中症になったときには

  1. 涼しい場所に避難させる
  2. 衣服を脱がせて、身体を冷やす
  3. 水分や塩分の補給をする

※自力で水分を飲めない・意識がない場合は、直ちに救急隊を要請しましょう!

外部リンク先

環境省熱中症予防情報サイト(情報提供期間 10月30日まで)

(PC) http://www.wbgt.env.go.jp/このリンクは別ウィンドウで開きます 

(スマートフォン)http://www.wbgt.env.go.jp/sp/このリンクは別ウィンドウで開きます

厚生労働省:熱中症予防のために (リーフレット)

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10600000-Daijinkanboukouseikagakuka/0000212506.pdfこのリンクは別ウィンドウで開きます

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
アドビシステムズ社のサイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。
このページに関するお問合せ先
生活福祉部 保険年金課 健康推進係 TEL 0736-62-2141(内線341・342)
最終更新日:2020514
上に戻る

Copyright © Iwade city All rights reserved.