ホーム > 保険年金課 > 国民健康保険 > 日帰り人間ドック・脳ドックについて

日帰り人間ドック・脳ドックについて

岩出市国民健康保険では、保健事業の一環として日帰り人間ドック及び脳ドックの費用助成を実施しています。

【注】

  • 今年度から「第二希望」まで申し込みできるようになりました。下記の「(A)日帰り人間ドック」と「脳ドック」の2つの医療機関(B)(C)の3項目から第二希望までお申し込みください。第一希望の抽選に落選した場合、第二希望の医療機関の定員に空きがあれば再度抽選します。
  • 日帰り人間ドックと脳ドックは、同年度内でどちらか1つだけ受検できます。
  • 今年度から脳ドックの受診医療機関に「貴志川リハビリテーション病院」を追加しました。
  • ドック健診(日帰り人間ドック・脳ドック)は特定健診の検査項目をすべて検査しますので、ドック健診を受けた年は特定健診を受ける必要はありません。※ただし、貴志川リハビリテーション病院は特定健診の項目の検査はありません。別途毎年受診している医療機関で受診してください。
  • 定員を超える申し込みがあった場合は「抽選」します。

(A)日帰り人間ドック

対象者 満30歳以上の岩出市国民健康保険に加入されている方、国民健康保険税を完納している世帯及び納付誓約を交わし履行中の世帯
定員

50名(応募者多数の場合は抽選) 

※抽選の場合は5月中旬までに結果を通知します。

自己負担額 10,000円
検査項目 診察等 身体計測、診察
X線他 胸部X線、胃X線、腹部超音波
生理 血圧測定、視力検査、聴力検査、眼底検査、心電図
生化学 総蛋白、アルブミン、総ビリルビン、GOT、GPT、γ-GTP、ALP、クレアチニン、尿酸、血糖、総コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール、LDH、アミラーゼ、e-GFR
血液学 血液一般、血液像、ヘモグロビンA1c
免疫学 HBs抗原
検尿検便 尿一般、沈渣、潜血
検査機関 富田病院(岩出市紀泉台2番地)、公立那賀病院(紀の川市打田1282番地)
申込みに
必要なもの
印鑑、国民健康保険証
受付期間 平成31年4月3日(水)から平成31年4月19日(金)まで (当日消印有効)
申込方法 岩出市役所 保険年金課の窓口に備えている申込書に記入の上、直接窓口にてお申し込みいただくか、郵送でお申し込みください。
(郵送でお申し込みされる場合は、下記の記載例を参考に、はがき又は封書でお申し込みください。)
昨年度からの変更点等

脳ドックの各医療機関と併せて(A)(B)(C)のうちから、第二希望まで申込みできます。

申し込みの時点で必ず受検できるとは限りませんのでご注意ください。

脳ドック

検査機関

(B)日本赤十字社和歌山医療センター

(和歌山市小松原通4丁目20番地)

(C)貴志川リハビリテーション病院
(紀の川市貴志川町丸栖1423-3)
対象者 満30歳以上の岩出市国民健康保険に加入されている方で、国民健康保険税を完納している世帯及び納付誓約を交わし履行中の世帯
定員 50名(うち、優先枠30名) 20名(うち、優先枠10名)
※(応募者多数の場合は抽選) 抽選の場合は5月中旬までに結果を通知します。
自己負担額 10,000円 5,000円
検査項目

身体計測、診察、
MRI検査、MRA検査、頸部超音波
血圧測定、心電図、動脈硬化測定
総蛋白、アルブミン、A/G、総ビリルビン、GOT、GPT、γ-GTP、尿素窒素、ALP、クレアチニン、尿酸、血糖、NA、K、CL、総コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール
血液一般、ヘモグロビンA1c、尿検査一般

身体計測、血圧測定
MRI検査、MRA検査
長谷川式認知機能評価スケール(HDS-R)

※認知症の疑いや認知機能の低下の早期発見に役立つ検査です。

申込みに
必要なもの
印鑑、国民健康保険証
受付期間 平成31年4月3日(水)から 平成31年4月19日(金)まで(当日消印有効)
申込方法

岩出市役所 保険年金課の窓口に備えている申込書に記入の上、直接窓口にてお申し込みいただくか、郵送でお申し込みください。
(郵送でお申し込みされる場合は、下記の記載例を参考に、はがき又は封書でお申し込みください。)

“特定健診を受診している方のための優先枠を設定しています”

日頃から自身の健康状態について正確に理解し、適切に健康管理を続けていくには健診が欠かせません。岩出市では特定健診を受診し、日頃から健康維持に取り組んでいる方に優先的に脳ドックを受けていただけるよう、優先枠を設けています。
 

【定員を超える応募があった場合】

(1)「今までに国保脳ドック検診を受診したことがない方」を最優先します。そのうえで、定員を超える応募があった場合、(B)日本赤十字社和歌山医療センターから30名、(C)貴志川リハビリテーション病院から10名を昨年度の特定健診受診者(優先枠)から抽選します。

(2)(1)の抽選に外れた方及び昨年度に特定健診を受診されていない方を併せて再度抽選を行います。

 ※特定健診を受診されている方とは?
  • 昨年度に国保の特定健診(集団または個別)を受診された方
  • すでに通院中の方のうち、昨年度情報提供事業にご協力頂いた方
  • 昨年度に他市区町村の国保の特定健診や、職場の健診等、特定健診と同等の健診を受けられた方(申込みの時に健診結果の写しの提出が必要です)

 

郵送での申し込みのあて先と記載内容

〒649-6292 岩出市西野209
岩出市役所 保険年金課 ドック健診担当 あて

記載内容および注意点

(1)被保険者証の記号番号(和17に続く6桁の番号)

(2)郵便番号

(3)住所

(4)受検希望者氏名(フリガナ)

(5)生年月日(満年齢)

(6)(日中に連絡のつく番号、携帯可)

(7)第一希望のドック名と医療機関名(A~Cの記号を記入しても構いません)

↓↓●脳ドックを申し込む方のみ記入↓↓

(8)優先枠での申し込みを希望するかどうか(勤め先等岩出市国保以外の特定健診を受診した方は、申し込み時に診断結果の写しを提出してください。)

↓↓●第二希望がある方のみ記入↓↓

(9)第二希望のドック名と医療機関名(A~Cの記号を記入しても構いません)

 

※(1)~(7)は必ずご記入ください。

※(8)は脳ドックを申し込みをされる方のみご記入ください。

ご自身が優先枠かどうか分からない時は、下記までお問い合わせください。

※⑼は第二希望がある方のみご記入ください。

 第一希望の抽選に落選した場合、第二希望の医療機関の定員に空きがある時に再度抽選を行います。

※受検できるのはA~Cのうち、どれか1つのみです。複数受検することはできません
※申し込みは、受検希望者1人につき1枚必要です。

※同一人物が複数応募しても1枚のみ有効とします。

 

記載例

(1)和17 000000

(2)〒649-6292

(3)岩出市西野209番地

(4)岩出 太郎(イワデ タロウ)

(5)昭和○○年○○月○○日生 (満○○歳)

(6)0736-62-2141

(7) A

(8)優先枠希望

(9) C

 

このページに関するお問合せ先
生活福祉部 保険年金課 保険年金係  TEL 0736-62-2141(内線198)
最終更新日:201943
上に戻る

Copyright © Iwade city All rights reserved.