ホーム > 長寿介護課 > 岩出げんき体操で介護予防!~いつまでもいきいきと自分らしく~

岩出げんき体操で介護予防!~いつまでもいきいきと自分らしく~

岩出げんき体操について

「いつまでも元気で住み慣れた地域で暮らし続けたい」と誰もが望んでいるのではないでしょうか。 
そうは思うけど、何もしていない、何をしたらいいか分からないという方!何歳になっても「遅すぎる」ことはありません。いつまでもいきいきと生活するためには、今からできることをやっていきましょう。
高齢者の筋肉は1歳年を取るごとに1%程度減少するといわれています。筋肉が減少し筋力が低下すると身体機能が低下し、体を動かすことを負担に感じ、その結果自宅に閉じこもりになって介護を要する状態につながっていきます。しかし、どんなに歳をとっても適切なトレーニングを行うことにより筋肉、筋力を維持向上できることが分かってきました。なかでも筋力向上の効果があるのは、週1回以上継続して運動を行うことです。そこでおすすめなのが「岩出げんき体操」です。

岩出げんき体操とは

高齢者の介護予防や閉じこもり予防を目的に、地域の方が自宅から歩いて、行ける場所に集まり、自主的に行う健康体操です。

1筋力アップが期待できる

 筋力や柔軟性を養い、転びにくい体を作ります。理学療法士が考案した体操です。

2安全に手軽にできる

 座ってする運動、立ってする運動、寝ころんでする運動、の3パターンがあり、ご自身の状態に合わせて、効果的な運動ができるようになります。 約20種類の体操が組み合わされた、20分程度の運動です。

3生きがいづくりになる

 体操の場があることにより、地域での居場所や参加者同士の交流ができ、自らの生きがいにもつながります。一人では続けられない運動もみんなでするから継続できます。

岩出げんき体操の実際

syouwanokaiaisannsannkaisumirekaisiniataisounokai

simizuwaiwaisaronntouyouigakuwomanabukaitouwakakaiyosidasaiawasekai

岩出げんき体操応援講座

目的

介護予防をとおした住民主体の場づくりを支援する講座

スタッフ

理学療法士、歯科衛生士、地域包括支援センター職員

対象

運動に取り組もうとしている5名以上の団体

回数

3回講座

内容

体力測定と介護予防に関する講話。岩出げんき体操の指導。健口体操の指導と口腔衛生の講話

3回講座終了後

自主活動へ移行し、6か月ごとに継続のための訪問支援を実施(理学療法士、包括支援センター職員)

げんき体操応援講座のお申し込み

「岩出げんき体操」に興味のある方や取り組みたい方は、地域包括支援センターへお問い合わせください。

自主グループ活動

平成28年度に「岩出げんき体操」の普及を始めてから、平成30年3月末現在、8団体が「岩出げんき体操」に取り組んでいます。

  グループ名 主な活動場所
1 吉田しあわせ会 吉田自治会館
2 愛さんさん会 鴨沼集会所
3 すみれ会 中黒自治会館
4 国分寺跡公園 朝の会 国分寺跡公園
5 シニア体操の会 紀泉台自治会館
6 清水ワイワイサロン 岩出地区コミュニティーセンター
7 笑和の会 西野自治会館
8 十若会 波分集会所

参加者の声

  • 坂道が上がりやすくなった
  • 足に力が付いた
  • 立つのが早くなった
  • 体操終了後に体がスッとする
  • みんなと一緒にできるので楽しい
  • コミュニケーションがとれてうれしい
  • はじめて体操したが、続けたいと思った                                     
このページに関するお問合せ先
地域包括支援センター(長寿介護課内)  TEL 0736-62-2141(内線353)
最終更新日:201887
上に戻る

Copyright © Iwade city All rights reserved.