ホーム > 地域福祉課 > こどもの福祉 > ひきこもりについて

ひきこもりについて

ひきこもりとは

「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態」を「ひきこもり」と厚生労働省では定義づけています。
 「ひきこもり」は、単一の疾患や障害の概念ではなく、様々な要因が背景になって生じます。ひきこもりのいる世帯数は、約32万世帯とされています。近年 「長期化」「高年齢化」といわれるように、不登校の子どもが学齢期を過ぎても社会参加できない、30代になってからひきこもり状態になる場合が目立ってい ます。
また、精神疾患に起因する場合だけでなく、「社会的ひきこもり」といわれる必ずしも精神疾患に起因しない場合も多くみられます。単一の疾患や障害の概念ではないため、まずは相談のなかで、ひきこもりの背景を整理していくことが大切です。

ひきこもり相談窓口

和歌山県ひきこもり地域支援センター(県民交流プラザ和歌山ビッグ愛2階)

ひきこもり地域支援センターでは、ひきこもり専門相談窓口を開設しています。ひきこもりの状態にあるご本人やそのご家族、関係者等からの相談窓口です。

また、地域における関係機関とのネットワーク構築、ひきこもり支援に関する情報発信、人材育成等、地域におけるひきこもり支援の拠点としての役割を担っています。

和歌山県ひきこもり地域支援センター

ひきこもり相談電話いっぽライン

TEL:073-424-1713

相談時間:平日午前9時~午後5時45分

岩出保健所

岩出保健所でも、ひきこもりでお悩みのご本人、ご家族、関係者等からの相談を受け付けています。

TEL:0736-63-0100

FAX:0736-62-8720

相談時間:平日午前9時~午後5時45分(祝日、年末年始を除く)

岩出市ひきこもりサポート事業(麦の郷ハートフルハウス創~HAJIME~)

市内在住で、義務教育終了後ひきこもり状態にあるご本人やそのご家族、関係者等からの相談を受け付けています。

相談窓口:紀の川市粉河853番地3

相談時間:毎週火曜日から土曜日の午前10時~午後4時(年末年始を除く)

TEL・FAX:0736-60-8233

e-mail:muginosato-hajime@live.jp

※月2回巡回相談を実施しています。詳しくは、広報いわでをご覧ください。(要予約)

このページに関するお問合せ先
生活福祉部 地域福祉課 障害福祉係 TEL 0736-62-2141(内線320~324)
最終更新日:2020721
上に戻る

Copyright © Iwade city All rights reserved.