ホーム > 地域福祉課 > 「新型コロナウイルス感染症」高齢者として気を付けたいポイント

「新型コロナウイルス感染症」高齢者として気を付けたいポイント

~生活不活発によるフレイル(虚弱な状態)にご注意~

新型コロナウイルス感染症から自分自身を守るため、手洗いを中心とした感染予防が必要です。また、厚生労働省から感染拡大を防止するために、「密閉空間」「密集場所」「密接場面」の3つの「密」を避けるように言われています。しかし、人が多く集まる場所を避け、外出を控える生活が続き、「動かない(生活が不活発な)」状態が続くことにより、心身の機能が低下して、「動けなくなる」ことが心配されます。動かない時間を減らし、自宅でもできる運動(ラジオ体操や岩出げんき体操、シニアさくっと運動など)をして、生活機能の低下を防ぎましょう。

岩出げんき体操

「座ってする体操」、「立ってする体操」、「寝てする体操」、「健口体操」があります。
岩出げんき体操冊子

シニア、さくっと運動 (岩出げんき体操簡易版)

この運動は岩出げんき体操の一部で、自宅でできる簡単な運動です。
運動の内容は、背伸び運動、スクワット、ウォーキングになっています。
運動を継続できるポイントも紹介させて頂いておりますので、ぜひご覧ください。
YouTube視聴による通信料は自己負担になりますのでご注意ください。(3分45秒)

高齢者として気をつけたいポイント(日本老年医学会より)

日本老年学会が、「高齢者として気をつけたいポイント」をまとめていますので、参考にしてください。
「新型コロナウイルス感染症」高齢者として気をつけたいポイント
coronakiwotuketaipoinntohyousi

関連情報

厚生労働省ホームページ 新型コロナウイルス感染症への対応について(高齢者の皆さまへ)

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
アドビシステムズ社のサイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。
このページに関するお問合せ先
地域包括支援センター(地域福祉課内) TEL 0736-62-2141(内線351~354)
最終更新日:2020514
上に戻る

Copyright © Iwade city All rights reserved.