ホーム > 保険年金課 > 国民健康保険 > セルフメディケーションについて

セルフメディケーションについて

セルフメディケーションとは?

平均寿命が長くなり、生活習慣病が問題になってきた現代において、日々をいかに健康に生きるかが重要になってきます。
そこで注目されているのが「セルフメディケーション」です。
世界保健機関(WHO)では、セルフメディケーションを「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義しています。

セルフメディケーションの効果

  • 毎日の健康管理の習慣が身につく。
  • 医療や薬の知識が身につく。
  • 疾患により、医療機関で受診する機会が減少する。
  • 通院が減ることで、国民全体の医療費の増加が抑制される。

セルフメディケーションの取組とは?

まずは普段の自分の健康状態を把握することが大切です。毎年健康診断を受けましょう。
そして、普段から適度な運動と栄養バランスの取れた食事、十分な睡眠・休息を心がけ、病気になりにくい体を作りましょう。
しかし、天候不順や日々の忙しさから、頭痛や風邪などの体調不良を引き起こすこともあります。そんなときは、OTC医薬品(一般に普及されている市販薬)を上手に活用し、自分で手当てするセルフメディケーションを図っていきましょう。具体的には、風邪が重症化する前に風邪薬を飲む、小さな傷にばんそうこうを貼る、疲れた時にビタミン剤を飲む、などが考えられます。
かかりつけの薬局を決めておけば、自分の体質に合ったアドバイスを薬剤師から受けられます。
自分の飲んでいる薬の記録をつけることもおすすめです。この記録は、医師や薬剤師に薬の情報を伝えるときにも役立ちます。

セルフメディケーション税制とは?

医療費控除の特例として、健康増進の取り組みを行う人が、対象となるOTC医薬品を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができます。

※セルフメディケーション税制についてはこちらをご覧ください。
「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)用の証明書を発行します」このリンクは別ウィンドウで開きます

このページに関するお問合せ先
生活福祉部 保険年金課 保険年金係 TEL 0736-62-2141(内線191・198・199)
最終更新日:2020101
上に戻る

Copyright © Iwade city All rights reserved.