ホーム > 保険年金課 > 後期高齢者医療 > 一定以上の所得のある方の窓口負担割合が変わります

一定以上の所得のある方の窓口負担割合が変わります

令和4年10月1日から、一定以上の所得がある方は、現役並み所得者(窓口負担割合3割)を除き、医療費の窓口負担割合が2割になります。

区分

令和4年

9月まで

令和4年

10月から

現役並み所得者 3割 3割
世帯に被保険者が1人の場合 「年金収入+その他の合計所得額」が200万円以上 1割 2割
世帯に被保険者が2人以上の場合 「年金収入+その他の合計所得額」が320万円以上
上記以外の方 1割 1割

※窓口負担割合は、世帯単位で判定します。
※世帯内に住民税課税所得が28万円以上の被保険者がいない場合は、10月以降も1割負担となります。

窓口負担割合が2割になる方には、配慮措置があります

令和4年10月1日から令和7年9月30日までの3年間は、2割負担となる方について、1ヵ月の外来医療の窓口負担割合の引き上げに伴う負担増加額を3,000円までに抑えます。(入院の医療費は対象外です)

問い合わせ先

岩出市保険年金課保険年金係(内線195・343)
和歌山県後期高齢者医療広域連合(☎073-428-6688)
<制度改正の見直しの背景等に関するご質問等>
厚生労働省コールセンター(☎0120-002-719)

最終更新日:2022711
上に戻る

Copyright © Iwade city All rights reserved.