ホーム > 中央小学校 > 本校の概要

本校の概要

1 校区の様子

岩出市は,昭和31年9月30日,岩出町,山崎村,根来村,上岩出村,小倉村の一部船戸,山崎が合併し,新しく岩出町となり,平成18年4月1日には岩出市へと発展している。和歌山県の北部を流れる紀ノ川の北岸に広がった旧根来村,上岩出村の一部が,本校の校区である。北は和泉山脈の南斜面から,南は国道24号まで広がり,東西は県道泉佐野線から東へ約1kmと狭くなっている。 

町村合併当時は純農村地域であったが,和歌山市の近郊としての地理的条件,大阪府との交通の便のよさ等から住宅団地が急増し,都市化が急速に進んできている。このような状況の中,本校は上岩出小学校と根来小学校の二つの校区を三つに再編し,平成13年4月に,岩出町のほぼ中間,幹線道路から入った閑静な住宅地に開校した。子ども達は明るく伸び伸びとし,友達のよいところを素直に認め合うことができる。

また,意欲的で何事にも興味を示し,自分の考えをはっきりと言える。落ち着いた雰囲気の図書室があり,朝の読書タイムもあるため,読書好きの児童が多い。さらに,オープンスペースで学年同士の交流が頻繁に行われ,クラスの枠を外れて学年間の仲が良い。しかしながら,ねばり強く地道に行動することや,けじめをつけられない児童も少なくない。

新興住宅地という土地柄のため,地域のつながりが弱くなりがちであるが,体験的な学習(土曜おもしろ教室,放課後子ども教室,朝の読み聞かせ,地域清掃等)に積極的に参加していく中で,異学年の子ども同士の交流だけでなく,保護者同士の交流も着実に広がってきている。また,上記の体験的な学習を推進していくため,地域の方々の多大な理解と支援を受けている。

2 施設の様子

校舎は,「人にやさしい学校施設」を基本的概念にし,子ども達の学ぶ「家」として,また地域の人々の交流の拠点として,多様な活動が可能なように工夫されている。 

1階には,図書室,コンピュータ室,多目的室,保健室,更衣室のほか職員室,校長室などの管理施設が,2~4階には普通教室をはじめ,特別教室がある。普通教室には可動式の仕切りが設置され,学習内容によっては仕切りを外すことでオープンスペースと一体となり,多様な学習活動に対応できる。

3 施設の特徴 

【オープンシステムの教室】 各学年オープンシステムをとっており,オープンスペースは学級学年共有のワークスペースとして活用できる。 

【図書室】 二教室分の広々とした図書室は,和歌山県木材を使用し木のあたたかい温もりがある。バーコード化が進み図書の検索や貸し出しなどにもコンピュータを活用している。 

【コンピュータ室】 1.8教室分の広いスペースに,指導用2台,児童用40台のコンピュータが設置され,教科やクラブ活動に活用している。 

【バリアフリー】 玄関,廊下,階段,便所等,体に障害を持つ人に配慮した設計をしている。 エレベーターが設置されており,保健室にはシャワーも設置されている。 

【地域開放】 1階部分の校舎棟が独立でき,育友会活動,会議等地域の活動に活用している。 

【校庭】 はぐくみ広場,ふれあい広場という二つの広場があり,集いや語らい,教科等の学習に活用している。

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
アドビシステムズ社のサイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。
最終更新日:2016323