ホーム > 税務課 > 申請書ダウンロード > 住宅の耐震改修工事に伴う固定資産税減額適用申告書

住宅の耐震改修工事に伴う固定資産税減額適用申告書

申請書等の名称 住宅の耐震改修工事に伴う固定資産税減額適用申告書(PDFファイルPDFファイル(93KB)ワードファイルワードファイル(38KB)
申請書のサイズ A4サイズ
内容 平成18年1月1日から令和4年3月31日までの間に、一定の要件を満たした住宅の耐震改修工事を行い、翌年度からの固定資産税を減額するため届けていただく書類
請求者 納税義務者(家屋の所有者)
記載要領
必要書類等
  • 工事費用の領収証
  • 耐震基準に適合することを証する書類 (地方税法施行規則附則第7条第6項の規定に基づく証明書又は住宅性能評価書)
  • 納税義務者の次の(1)または(2)の書類の写し(窓口で原本を提示する場合は添付不要)
    (1)「マイナンバーカード」
    (2)「氏名、住所等が住民票と一致している通知カードやマイナンバーが記載された住民票の写し等」+「運転免許証等」
  • (長期優良住宅の認定を受けて改修した場合)長期優良住宅の認定通知書の写し
その他 ◎減額措置を受けるための要件
(住宅の要件)
  • 昭和57年1月1日以前に建築された住宅
  • 居住の用に供する部分の床面積が当該住宅の総床面積の2分の1以上である住宅
(耐震改修の要件)
  • 平成18年1月1日~令和4年3月31日の間に改修が行われたものであること。
  • 現行の耐震基準に適合させる改修であること。
  • 耐震改修に50万円を超える費用(補助金等を除いた金額)を要したものであること。

◎減額される期間
改修工事が完了した翌年の1月1日を賦課期日として課税される固定資産税に適用されます。
◎減額対象床面積等
当該住宅の居住部分の120平方メートル相当分までにかかる固定資産税の2分の1の額を減額

*ただし、長期優良住宅の認定を受けて改修された場合は3分の2の額
◎申告書提出期限
改修工事の完了から3か月以内(期限後の申告は受付できません。ただし、病気または入院によるなど、やむを得ない事情があると認められる場合を除きます。)
◎新築住宅軽減やその他の減額措置との併用はできません。

手数料 不要
郵送の可否
【郵送先】
〒649-6292
和歌山県岩出市西野209番地
岩出市役所 税務課 固定資産税係 あて
受付窓口 総務部 税務課 固定資産税係 TEL 0736-62-2141(内線145~147)
アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
アドビシステムズ社のサイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。
最終更新日:2021108
上に戻る

Copyright © Iwade city All rights reserved.